「肥満と腰痛の駆け込み寺」アンナカカイロプラクティックにてあなた様の駆け込みをお待ちいたしております。

2012年05月24日

ザックジャパン勝利!! (vs アゼルバイジャン)

 こんにちは!
 アンナカカイロプラクティック
 あんなカイロです!!

 今日も暑くなりましたね・・・
 エアコンを「自動」にしておくと涼しい風が出てきます・・・
 5月も気が付けばあと1週間になってまいりました・・・
 日本の南の海上には台風2号(サンヴー)が発生しましたね・・・
 本州へは来ないようですが、今年もそんな季節となってまいりました。
 南の方からは梅雨入りの便りも届いてきましたね・・・
 関東甲信地方の平年の梅雨入りは6月8日ころですが、昨年は5月27日ころですので、そろそろ梅雨の季節がやってまいります・・・
 あまり好きな季節ではありませんが、梅雨時の雨が大地に恵みを与えてくれるわけですから、感謝しないといけませんね・・・
 そんな、「伊達巻の日」の今日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、昨日はサッカー日本代表が静岡でアゼルバイジャンと国際親善試合(キリンカチャレンジカップ2012)を行いました!

 結果は・・・





 -0 で 日本勝利!!

 やっぱり、本田選手が入ると違いますね・・・

【試合ハイライト/前半】



【試合ハイライト/後半】



 個人的には、後半から入ったFC東京の高橋秀人選手が良かったですねぇ~

 群馬の前橋商業高校出身だから、というわけではありませんが、なんかイイ感じでした!

 「香川と岡崎のゴールで日本が完封勝利…宮市がA代表デビュー」
 (サッカーキング:2012年05月23日 21:10)
★===引用ここから===>>
香川と岡崎のゴールで日本が完封勝利…宮市がA代表デビュー

 日本代表は23日、キリンチャレンジカップ2012でアゼルバイジャン代表と激突し、2-0で勝利した。

 試合は序盤から日本がボールを保持し、一方的な展開になる。約9カ月ぶりの代表戦出場となった本田圭佑、ドルトムントでブンデスリーガ2連覇の原動力となった香川真司ら海外組が躍動し、ゴールを狙い続ける。24分には本田がFKを直接狙うも、GKの好セーブに阻まれてゴールには至らなかった。

 43分には自陣からのカウンターから本田、長谷部誠とつなぎ、長谷部が左サイドの香川にスルーパス。香川はペナルティーエリア内に入り込むと、迫りくる DFを切り返しでかわし、右足を一閃。ゴール右隅に決まり、日本が先制点を手にした。

 ハーフタイムには内田篤人、長谷部誠に代えて酒井宏樹と高橋秀人を投入。58分に香川が左サイドからクロスを入れ、本田が頭で折り返すと、岡崎慎司が右足で押しこみ、2-0とした。A代表デビューを果たした酒井も得意の高速クロスで本田のヘディングシュートを演出するなどし、持ち味を発揮。

 岡崎のゴールの直後、アルベルト・ザッケローニ監督は香川に代えて宮市亮を投入。宮市も酒井、高橋に続きA代表デビューとなった。試合終盤、セットプレーからピンチを迎えるも、ポストに助けられる場面もあり、日本が完封勝利を果たした。

 日本代表は6月3日にオマーン、8日にヨルダン、12日にオーストラリアとアジア最終予選を戦う。
===>>引用ここまで===★


 「ザッケローニ監督「デビューした3人は、非常にいい出来だった」」
 (sportsnavi:2012年5月23日(水))

 「宮市亮、川島永嗣、長友佑都、内田篤人ら主要選手のコメント」
 (Soccer Journal:2012年05月24日00時30分)
★===引用ここから===>>
23日、キリン・チャレンジカップ=日本代表×アゼルバイジャン代表の一戦は、2-0で日本代表が勝利を挙げた。主要選手のコメントは以下の通りだ。

宮市亮
「ポジティブな面で行くと代表にデビューできたというのが一番だったのですが、一度シュートチャンスがあったのと最初にパスをもらったときにコケてしまったのが悔いが残ります。そういういい場面で、もっとしっかりアピールできればよかったと思いました。やはりアピールしたかったので自分の持ち味はドリブルなのでガンガン行こうと思っていましたが、(ちょっとはにかんで)ただ正直なところすごく緊張していて、足が、最初いいカタチできたときに緊張していてこけちゃったので『ヤベェ』と思ったんですけど、でも、まぁ、あの、立ち直って、憲剛さんや本田さんから『ガンガン行けよ』ということを言われたので、そういう言葉が自分を楽にしてくれてたと思います。

前半からタメが出来ていたところでしたし、裏に走ればボールは出てくると思っていました。本田さんは『どんどん行けよ』と言ってくれましたし、『センタリングを上げるときはファーサイドを意識しろ』と言われたので、意識していました。緊張はプレミアの最初のデビュー戦、最初のときはいつも緊張しちゃう方なので、今日は緊張したのですが、いい雰囲気でやらせてもらいました。フェイエノールトでもボルトンでも、いつも2戦目で点を取っているので、こっちでも2戦目で点を取れたらいいと思います。

(ラインを割りそうになったボールに追いついたが)あれは僕も割ると思っていました(笑)。出なくてよかったです。正直、あんな苦しくなりたくないんですけど、理想は。でもGKにならなくてよかったと思います。もっと顔を出していかないといけないですね。チームのために比重はどっちなのかと考えたときに、時々によっていい判断をしていきたいと思います。速さという部分は見せられたと思うので、スピード感はピッチの中で出せたかと思います。1本シュートを打ったところは、香川さんだったり世界の選手だったら決めてくると思うので、そういう部分はまだまだだと思いました。

対面した相手にはガッツリいこうと思っていて、そういう面ではガッツリいけたと思いますが、ピッチの中では緊張感がマックスで、自分がどういう状態だったかわからなかったので、しっかり見直してみたいと思います。試合後、監督からは今日初めて出た酒井選手と僕と秀人君の3人に『初代表おめでとう』と言われました」

川島永嗣
「今日のチーム全体としての意識として、自分たちで攻撃しているときの守備の形というかポジショニングを、DFだけじゃなくてチーム全体を意識したと思いますし、実際に最終予選の中でも、今日もミスが多かったと思いますが、まずミスをなくして質を上げることも大切だと思いますし、ミスがあったときにどうプレッシャーに行くなりカバーするなりというのが大事だと思います。いいシミュレーションになったと思います。勝っただけで満足している選手はいませんでしたから。攻撃のことだけじゃなくて、攻撃もそうだし、守備のバランス、攻守のバランスがすごく大切になってきていて、チームとしての約束事をもう一度ハッキリさせるということを、今日の試合で出来たと思います」

長友佑都
「(香川)真司も、途中からは宮市も、彼らの良さを出させてあげようと思っていたし、コンディション面も1週間ぐらいは休んでいたから、自分でトレーニングはやっていたけど、今日は自分のコンディションを見たかったというのもありました。ただ、みんな動けていたので問題はないと思います。体は全然問題なかったですね。体は動いていたし、守備は集中して出来ていたし、問題なかったと思います。チャンスは作っているので、もっと点を取りたいというのはありますね。点を取れればもっと楽になりますから。点を取らないと厳しい戦いになるので、取れるときにしっかり取らないと難しい戦いになると思いますが、今日はよかったんじゃなでしょうか」

栗原勇蔵
「普段自分は試合に出ていなくて、結果の面に関しては、1点も取られなかったし、勝てたし、それはよかったんですが、ちょこちょことやられていたので、そこを修正できればよかったと思います。(ジハン・オズカラにドリブル突破された場面は)普通に抑えられると思ったらやたらに速くてズルズル行かれて、ああいうのが国際試合だとあるんだなと。前半全然そんな素振りがなくて、後半いきなり来るんだから……。でも、そのあとはしっかり抑えたのでよかったですよ」

高橋秀人
「自分の出来は不満かける100ぐらいです。やろうとしている姿勢だけじゃダメです。全然ダメでした。ボールロストも多かったし、シュートチャンスもあったし、もっと積極的にやらなければならないし、出られなかった選手に申し訳ないし、FC東京というクラブを背負っているので、そういう意味でも、『アイツが代表に見合うプレーをしている』と思わせたかったのですが、自分ではそう思えなかったので、小平に戻って、またここに戻ってこられるように頑張ります」

伊野波雅彦
「攻めているときにカウンターさせないように、ある程度残っている選手に行けるポジションを取っていました。速い選手もいましたからね。7番(ジハン・オズカラ)速かった。とりあえず最初ぶち当たって、ちょっとスピードを緩めさせて勝負しようと思っていました。1発目にヨーイドンだったら危険な匂いがしました。ロングボールもコースを消して、先回りして注意していました。緊急事態のときに使ってもらえるというのが自分の中であるから、そこからもう1ランク上に行くには、パスだったり、もう一歩レベルを上げないとダメだと自分では思っています。1カ月ぶりのセンターバックでした。手応えは……。センターバックを代表に来てやったのは初めてでし、どこでもやれって感じなんですよ。こりゃ神戸に帰ってもセンターバックですよ……」

内田篤人
「ちょっと試合が空いていたので、何というのか、最初は大学生と試合する予定だったのかな、だけどこういう試合をやってくれるとやはり違うので、いいんじゃなかったでしょうか。変に意識するとすぐ終わっちゃうので、できるだけボールに絡みながらだと思います。前半はバランスを見ながらでした。監督は逆サイドまで絞れと言っていましたから。(香川)真司もいるから、ボールは左にたくさん行くけど。相手は引いてきていたし、ブロックもコンパクトに作っていたので、間で真司や本田さんが受けられればチャンスは作れたと思います。本田さんはやはりガツンというのは強いですから、無理して預けられるというか、左足に渡せば周りの選手は前を向いてボールを受けられますから。僕はFKを後ろから見ていましたけど、すごかったですよ。観客になってました、オレ。『あー、入るぅ』って」
===>>引用ここまで===★


 そして、今日(24日)、ワールドカップの最終予選を戦うメンバーの発表がありました!

 「W杯最終予選メンバーに遠藤、ハーフナーら25人」
 (産経ニュース:2012.5.24 12:33)
★===引用ここから===>>
W杯最終予選メンバーに遠藤、ハーフナーら25人

 日本サッカー協会は24日、6月に行われるワールドカップ(W杯)アジア最終予選の序盤3試合に臨む日本代表メンバーを発表。2-0で快勝した23日のアゼルバイジャン戦メンバーを中心に、遠藤、今野(ともにG大阪)吉田(VVVフェンロ)清武(C大阪)ハーフナー(フィテッセ)を加えた25人が選出された。

 主力の本田(CSKAモスクワ)香川(ドルトムント)らのほか、同戦で代表デビューを飾った宮市(ボルトン)高橋(FC東京)酒井(柏)も引き続き選ばれ、徳永、長谷川(ともにFC東京)原口(浦和)が外れた。日本は6月3日にオマーン、同8日にヨルダンと埼玉スタジアムで対戦、同12日には敵地に乗り込んで豪州と激突する。

 日本代表は次の通り。

 ▽GK 川島永嗣(リールス)西川周作(広島)権田修一(FC東京)

 ▽DF 駒野友一(磐田)今野泰幸(G大阪)栗原勇蔵(横浜M)伊野波雅彦(神戸)長友佑都(インテル・ミラノ)槙野智章(浦和)内田篤人(シャルケ)吉田麻也(VVVフェンロ)酒井宏樹(柏)

 ▽MF 遠藤保仁(G大阪)中村憲剛(川崎)長谷部誠(ウォルフスブルク)細貝萌(アウクスブルク)本田圭佑(CSKAモスクワ)高橋秀人(FC東京)

 ▽FW 前田遼一(磐田)岡崎慎司(シュツットガルト)ハーフナー・マイク(フィテッセ)森本貴幸(ノバラ)香川真司(ドルトムント)清武弘嗣(C大阪)宮市亮(ボルトン)
===>>引用ここまで===★


 マヤニスタの私としては・・・ 吉田選手には是非頑張って欲しいところですが、群馬出身の細貝選手や高橋選手の活躍にも期待したいと思います!

 そのワールドカップ最終予選ですが、初戦は6月3日(日)19時30分より埼玉スタジアム2002でオマーン代表と戦います!

 皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします!!


 「歩み入る者にやすらぎを 去り行く人にしあわせを」

 あんなカイロでした。

 今日もありがとうございました。


 今日のおまけ・・・ (音が出ます)

【日本×トルコ ハイライト トゥーロン国際大会 】

 昨日はトゥーロン国際大会もありましたが・・・

 0-2 で U-23日本代表がU-23トルコ代表に敗れてしまいました・・・

 ロンドンでの活躍を期待したいですね・・・



同じカテゴリー(サッカー日本代表)の記事画像
日本!フランスに勝利!! (vs フランス代表)
ザックジャパン!引き分け・・・(vs オーストラリア)
日本圧勝!! (vs ヨルダン)
フットサルにも注目!2度目のアジア制覇!!
W杯アジア最終予選、白星スタート!! (vs オマーン)
U-23日本代表勝利!! (vs オランダ)
同じカテゴリー(サッカー日本代表)の記事
 日本!フランスに勝利!! (vs フランス代表) (2012-10-13 13:07)
 ザックジャパン!引き分け・・・(vs オーストラリア) (2012-06-13 20:59)
 日本圧勝!! (vs ヨルダン) (2012-06-09 18:33)
 フットサルにも注目!2度目のアジア制覇!! (2012-06-05 13:02)
 W杯アジア最終予選、白星スタート!! (vs オマーン) (2012-06-04 18:02)
 U-23日本代表勝利!! (vs オランダ) (2012-05-26 13:44)

Posted by あんなカイロ at 16:05 │サッカー日本代表

削除
ザックジャパン勝利!! (vs アゼルバイジャン)