「肥満と腰痛の駆け込み寺」アンナカカイロプラクティックにてあなた様の駆け込みをお待ちいたしております。

2018年01月31日

今年3冊目 明治維新という過ち

 こんにちは!
 アンナカカイロプラクティックの
 あんなカイロです!!

 今年の3冊目は・・・



 「明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕」

 原田伊織 著

 講談社文庫

 先日の「明治維新の正体」に続いて読んだこの本ですが・・・

 内容的には同じように・・・

 一般的に言われている幕末の志士は・・・

 要するに殺人集団であって決してヒーローなんかではない! ということです。

 「明治維新」という言葉自体も・・・

 昭和になってから極右勢力によって一般化された言葉であって、

 幕末の御一新(大政奉還・廃藩置県)の時に広く使われた言葉ではない

 という事を基本的な知識として知っておくべきである。 

 というようなことを述べています。

 以下、12ページより引用・・・


 この百五十年近く、誰もが明治維新こそが日本を近代に導き、明治維新がなければ、日本は植民地化されていたはずだと信じ込まされてきた。
 公教育がそのように教え込んできたのである。
 つまり、明治維新こそは歴史上、無条件に「正義」であり続けたのだ。
 果たして、そうなのか。
 明治維新の実相を知った上で、そのように確信したのか。
 日本人は幕末動乱のドラマが好きである。
 ところが、幕末動乱期ほどいい加減な”お話”が「歴史」としてまかり通っている時代はなく、虚実入り乱れて薩長土肥(薩摩・長州・土佐・肥前)の下級武士は永年ヒーローであった。
 中でも、中心は薩摩と長州であった。   以下略


 引用、ここまで

 まあ、ヒーロー扱いされてきた人々が・・・

 一体、どんなひどいことをしてきたのか・・・

 という事をこれでもか! というほど書きつづっております。

 週刊ポストでもこの本を紹介しているようですね。

 【「明治維新を全否定」の歴史本 会津地方で大ベストセラーに】

 大変話題になった本です。

 明治維新150年の今年・・・

 なにかと話題になる前に・・・

 ちょっとお勉強しておきましょう!

 ちなみに・・・

 この本の続編・・・

 「続明治維新という過ち 列強の侵略を防いだ幕臣たち」

 という本が2月15日に発売になります!

 すでに予約しました・・・ (笑)

 ひと月で3冊はなかなかいいペースですが・・・

 今年は・・・

 日本の歴史についていろいろと勉強しようと思う、今日この頃です。


 歩み入る者にやすらぎを、去り行く人にしあわせを

 あんなカイロでした。

 今日もありがとうございました。


 今日のおまけ・・・ (音が出ます)


【「紅い月」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official) 】

 今夜は・・・

 紅い月が見られるでしょうか??

 暖かくしてお過ごしください。

  


Posted by あんなカイロ at 13:36読了日記